ダンスのジャンルガイドHOME

HIP HOP

ヒップホップは、ヒップホップミュージックに合わせて踊る、ストリートダンスの中でもっともポピュラーなジャンルの一つ。 振付に決まりがなく自由なことが特徴であり、バレエ、ジャズ、ブレイクダンス、ロック、ポップなど、様々な要素が取り入れられている。 EXILEのようなステップ中心の踊りや、海外のPVのようなスタイルなどいろいろなバリエーションがあるように、時代によって新しい動きやスタイルが生まれ続けていき、現在進行形で進化していくダンス。

Girl's HIP HOP

カールズヒップホップは、ヒップホップダンスの中でも、より女性らしさを強調したダンス。
ボディーウエーブや胸、ヒップやウエストがポイントとなる動きなどを取り入れている。引き締まったきれいな身体作りができるため、現在女性に最も人気のジャンルのひとつ。

BREAKING

ブレイキングは、ニューヨークのギャングが暴力を使わず抗争をまとめるために発展したダンスと言われており、力強くバトル性の強い踊り。頭などでぐるぐる回ったり、飛んだり跳ねたりするアクロバティックな大技が特徴。ヒップホップダンスにも取り入れられている独特の立ち踊りも魅力である。世界各国でさまざまな大会が開催されており、世界中で人気の高いジャンルの一つ。

JAZZ

ジャズは、バレエの基礎を使い、リズミカルに、色々なジャンルの音楽で踊る。
ストリートダンスより歴史が古く、PVやテレビで目にするアーティストやタレントのダンスのベースになっている事が多い。体が柔らかくなりたい、体の軸をしっかりつけたい、ターンが回れるようになりたい、という方にオススメ。最近ではヒップホップダンスを取り入れたスタイルにも人気がある。

JAZZ HIP HOP

その名の通り、ヒップホップとジャズを融合させたジャンル。ジャズダンスをベースにヒップホップのテイストが取り入れられている。ジャズ特有の女性らしい美しいラインやステップと、ヒップホップのパワフルさやノリ、ステップを混ぜたスタイル。最近では、一般の人が目にする、タレントやアーティストが披露するダンスのほとんどが、ヒップホップジャズをベースにしていることが多く、現在人気の高いジャンル。

LOCK

ロックンロールの「ROCK」ではなく、スムーズな体の動きからピタリと止めること=「ロック・LOCK」が語源になっている。体を音に合わせて固める動きが特徴。ロッキングには何気ない動きを取り入れた物が多く存在し、STOP & GO(ス トップ・アンド・ゴー)やKICK WALK(キック・ウォーク)など、それぞれの動きにわかりやすい名前が付いていて初心者にも覚えやすい。ステップやスタイルはある程度形が決まっている。曲のリズムに合わせて体全体を上半身・下半身に分けて動かし、各関節や筋肉をコントロールする。

HOUSE

ハウスは、ハウスミュージックで踊るダンス。
他のジャンルよりも比較的ビートが早く、そのビートに合わせてさまざまなステップをするのが特徴。流れるようなステップで音楽との一体感を楽しめることで人気の高いジャンル。カポエラやブレイキンなどの影響を受けたアクロバティックな動きも特徴的である。

SOUL&PUNKING(WAACK)

ソウルアンドパンキングは、1970年代~80年代にLAで放映されていた「SOUL TRAIN」というTV番組の中でダンサーが踊っていたSOULダンスを基にしたジャンル。ストリートダンスの基礎となる踊りで、独特の「ノリ」やステップが特徴。PUNKINGはSOULダンスのリズムを取りながら、腕をムチの様にしならせて踊るダンステクニックのひとつ。
とてもFUNKYなジャンルである。

POP

体を弾くように筋肉を収縮させる動き(ヒットまたはポップという)や、ムーンウォーク(スライド)、ウェーブなどの動きが特徴。まるで人間ではないような動きで魅せるアニメーションやロボットダンスもこのジャンルに含まれる。細かいボディコントロールを駆使し、無限な表現が可能なジャンルといわれている。人間の動きを超越した不思議な動きで見る者を釘付けにするダンスである。

TAP

タップは、元々黒人文化から出てきているダンス。タップスと呼ばれる金属板を靴底のつま先、かかとにつけたタップシューズを履き、床を踏み鳴らして踊るのが特徴。
体全体の動きも重視したミュージカルタップや、ビートを重視しステップによって音楽を作り出していくリズムタップなどのスタイルがある。楽しく、かっこよく、足で歌うように踊る。

REGGAE

レゲエは、ジャマイカで生まれたレゲエミュージックに合わせて踊る、セクシーで情熱的な振付・衣装やアクロバティックな技が特徴的なジャンル。筋力や柔軟性が必要な為、ひきしまったキレイな身体をつくることができる。下半身の引き締めにも効果的で、女性を中心に圧倒的な人気がある。「ワイニー」という腰を回す動きが特徴。

BALLET

バレエは、西ヨーロッパで発祥した、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。
もとはオペラの一部として発達したため物語性を持つ作品が多い。
他の舞踊に比較して足を開くことを原則とし、歩く、飛ぶ、回るステップなど厳密にパターンが決められているのが特徴。体位向上、運動神経やリズム感、集中力を養えるため、幼児から大人まで幅広い年代で人気のあるジャンルである。

KRUMP

アメリカのロサンゼルスのサウスセントラル地区で発祥したヒップホップダンス。同地区で、子どもたちがギャング化するのを防ぐために教えられていたクラウン-ダンス(道化師のダンス)が発展したもの。ドラッグの売人をしていたトミー・ザ・クラウン(TOMMY THE CLOWN)が、出所後、慰問先で道化師の格好をしてダンスを踊り、人気を博した。彼の踊る「クラウン・ダンス(CLOWN DANCE)」から、弟子のタイト・アイズらが派生させて生み出した攻撃的な踊りが「クランプ(KRUMP)」である。クランプは怒りなどを表現した激しい踊りで、胸や腰を前後に振ったり、相手を殴りつけるような動きをしてバトルする。クランプを踊るダンサーを「クランパー(KRUMPER)」とも呼ぶ。

ページトップへ戻る